This post is also available in: English (英語)

調和の神殿

現在の人類の神殿の複合体は、ヴィドラッコの丘の上にあるこの地域に想定されている神聖な空間の開発の一部にすぎません。新しいプロジェクトでは、放棄された採石場の開拓により寺院が新しいスペースに拡張され、現在人類の神殿に隣接する森林地帯を破壊していることがわかります。

ここは、「調和の神殿」のために選ばれた場所であり、世界平和、理解、協力の新しい時代を刺激することに捧げられています。その中心には、「民族の議会」があります。そこでは、先住民族の指導者が互いに、そして思想の指導者、政治家、社会変革のエージェントと会うことができます。このようにして、地球の調和のとれた方法を決して忘れなかった人々の古代の知恵は尊重されるだけでなく、政策立案者を鼓舞し、私たちの将来の課題の解決に役立ちます。

「調和の神殿」は人類の未来と私たちの世界の精神的、芸術的、社会的ルネッサンスへの希望といった希望を再燃させる場所です。人間の深遠な倫理的性質への信仰を強化し、そこから平和の未来への道を構築する場所です。

複合体は全体として約2ヘクタールの面積にわたって発展し、介入の総面積は約9,000平方メートルで、容積は70,000立方メートルで、既に掘削された採石場の底部から最大24メートルの高さで開発されています。2つの大きな穴で構成されています。自然の景観の調和が回復し、高められます。

議会の隣のスペースには、次のものができる予定です;

先住民のテキスト、手工芸、伝統を保存するための物理的および仮想的な博物館。先住民族の言語、歌、伝統的な物語、およびそれらの文化の要素を収集、記録、共有するためのインタラクティブな図書館。

トリートメントと自然治癒のためのウェルネスセンター。セミナーと勉強のためのホールとスペース。

小さなブティックホテル。天蓋に完全に覆われた高床式のキャビン。

野生のハーブとテリトリーの製品に基づいた古代のレシピを回復して保存するオーガニックレストラン。

今日のプロジェクト

これは非常に複雑なプロジェクトであり、革新的でアドホックな建設的解決を必要とする課題です。ダマヌールの建築家は15年以上にわたってこの課題に取り組んできました:多くのデザインがすでに作成されており、新しいソリューションと材料が開発されるにつれて、それらは進化し続けてます。

現在調査中のアプローチは、生体模倣に触発されています。バイオミミクリー建築は、自然の形を複製するだけでなく、それらの形を支配する規則を理解し、自然の有用性、効率、弾力性、美しさを再現することで解決策を模索しています。

このようにして、数十年の採石によって破壊された自然環境を復元するだけでなく、人間にとって快適で、その地域の鳥や動物にとって破壊的でない、完全に持続可能な構造を作り出すことも可能です。

国民議会の新しいスペースには、400人を収容できる屋根付きの円形劇場が含まれます。既存の岩壁の一部は、非常に特別な音響効果とエネルギー効果を作成するために、そのまま残されます。

民族たちの議会

先住民の指導者たち,そして思想の指導者たちとがお互いに出会うことができる神聖な場所。 人間の倫理性への信仰を強化し、そこから平和な未来への道を築くための議会。

Read more