This post is also available in: English (英語)

セトナ・ベルニーニ
(バリス)
コーディネーテーター
バリスについて

バリスは1994年生まれの2世代目です。両親が長年ダマヌールに関わっていた彼はダマヌールの地下芸術である人類の神殿の上にある家で生まれました。彼は14年間そこで16人の人々と暮らし神殿への深い愛と精神的なメッセージを学びました。成長するとバリスは、若いダマヌールのグループと住むため別のコミュニティに移動し、そこで責任感とリーダーシップ、ダマヌール内での会計とグループ全体の代表者の両方として行動することを学びました。

20歳のとき、一人前のダマヌールの市民としてダマヌールに参加し、社会的役割を継続する準備が出来たと感じました。その若さにもかかわらす、ダマヌールの大使のイベントとカンファレンスのアシスタントとして北アメリカ、カナダ、インドへと赴きました。2013年から2015年まで、彼はGEN(Grobal Ecovillage Network)の若いコミュニティ活動家の支部であるNextGEN2人ヨーロッパ代表の1人でした。

 長年最も若いダマヌールのプレスオフィスのメンバーとしてコミュニティとそのフィロソフィの研究者とジャーナリストをガイドしてきました。

政治学で学士を取ったバリスは、トリノ大学で中国グローバル研究の国際科学の修士号を勉強しています。

彼は、ダマヌールのRisikというゲームの情熱的なプレーヤーであり、すべての戦略ゲームが大好きです。彼は芸術が好きで、趣味は創造的な執筆と絵を描くことです。

連絡先