This post is also available in: English (英語)

イリーナ・グードコフ
世界名誉アンバサダー
イリーナについて

旧ソ連の状態であったカザフスタンで生まれたイリーナは、ポーランド伯爵の娘でスラブ文化で育ちました。彼女は音楽を作曲し、詩を書くことを学びました。

彼女は物理学と数学を学び、後にモスクワ大学で経済学を卒業しました。その後、彼女はモスクワのジャーナリズム学校で修士号を取得します。彼女は自分でイタリア語を学びイタリアとその文化に恋をしました。

1990年にシチリアに移り、イタリア·ロシア協会の教師および通訳として働きました。彼女はイタリア語が上達したので、地元の放送局TeleSicilia Colorのテレビ番組「Hello Sicily」のプレゼンターになりました。彼女はいくつかのファッションブランドのモデルも始めました。1995年、イリーナはグランドホテルリッツで働くためにローマに移り、ロシア市場の開業後、ファッションの仲介者として働きました。

2000年、彼女はイタリア人の夫とともに「IFD-International Fashion Diffusion」を設立しました。IFDは、いくつかの有名なヨーロッパブランドの独占販売業者/代理店であり、このような巨大な市場で高級ブランドを独占的に管理した最初の会社でした。2007年に娘が生まれた後、イリーナは精神性に大きな関心を抱き、それが彼女の内面の成長に専念するようになりました。彼女は毎日ヨガの練習を始め、神聖なインドのヴェーダのテキストを学びました。同時に、若い頃の芸術への愛が再燃し、サザビーズインスティテュートの芸術学校に通い、約5年間住んでいたモナコ公国で子供と大人向けのアートツアーを開催しました。現在、彼女は家族と一緒にスイスに住んでいます。

イリーナは旅行に非常に情熱を傾けており、私たちの惑星の最も隠れた地域を発見し、さまざまな文化に触れることが大好きです。彼女は世界中を旅して、ラテンアメリカが大好きになり、ブラジルのリオグランデ·ド·ノルテ地方にあるナタールに家を買いました。これは彼女にアマゾンのシャーマンの文化を知る機会を与えました。

2015年、彼女は初めてダマヌールに行き、市民、彼らのアイデア、ライフスタイルに特別な魅力を感じていることを発見しました。